恋愛 恋愛心理学・テクニック

自慢する人の心理を徹底分析?正しい相手の仕方も公開!

2017/09/13

スポンサードリンク

はじめに

あなたの周りにも必ず一人はいるであろう自慢したがり。

別に聞いてもいないのにタラタラ自慢話をしてくる人っていますよね。

はっきり言ってうざいです。

誰にでも自慢したいという感情はあると思いますが、いつも自慢ばかりしている人ってどこにでもいると思います。

それではなぜそういう人が生まれてしまうんでしょう。

今回はそんな自慢したがりの人の心理を解析し、その正しい対処法について紹介していきたいと思います。

自慢したがりは自尊感情が強い

早速ですが、自慢したがりの人は、一般的な人よりも自尊感情が強い傾向にあります。

「自尊感情ってなんとなくわかるけどくわしくは知らないなぁ。」という方のためにちょっと説明します。

自尊感情とは、人から褒められる、認められることで自分は価値のある人間なのだと実感したい気持ちのことを言います。

その気持ちが強いために、自慢話ばかりをして他人から自分はすごい人間なんだと思われようとしているのです。

なんかダサいですね。

ナルシストとの違い

自慢ばっかりする人のことをよく「あいつはナルシストだ。」って言いますよね。

でもナルシストの人は、自尊感情は高くないんです。というか逆に低い人のことをナルシストと心理学的には呼びます。

自尊感情が低すぎるために、自分を実際よりもすごい人間だと思わせようと自慢するのです。

こういう心理状態の人のことをナルシストと呼びます。

実は自尊心が強い自慢したがりとは真逆の存在だったんですね。

これを知ってしまうとなんだかナルシストがかわいそうな人に思えてきますね。

スポンサードリンク

自慢する人の口癖

ナルシストや自慢したがりって結構似たような言葉を使っていることが分かっているんです。

あなたの知り合いの自慢したがり・ナルシストも以下の言葉をよく使っていませんか?

  • 「オレ・私に言わせれば・・・」と誰が許可したわけでもないのに語り始める
  • なにかと「器」という単語を発する
  • 常に「忙しい」と言っていて、でできるやつアピール
  • 案の定という言葉の羅列
  • ステータスという言葉に敏感

こういった言葉を自慢する人はよく使っていると思います。

これらの言葉は必要以上に自分を大きく見せたいという虚栄心から来ていて、中身は全くありません。すっからかんです。

自慢する人との付き合い方、対処法

はい、結構みなさん気になっている自慢する人の対処法。

はっきり言って有効な手段は褒めてあげたり認めてあげたりするしかありません。

逆に「私のほうがすごい!」なんてさらに自慢で返してしまうと、とんでもない理論でまくし立ててきます。

そんなめんどくさいことにならないようにするには、「こいつはかわいそうな奴だな。」とか思いながら適当に褒めてあげることです。

褒めてあげることで自慢したがりの自尊感情を満たしてあげられるので、満足して去っていくことが多いです。

しかーしっ!褒めることで調子に乗ってさらに自慢してくる人もいます。

そんな時は、「ごめんちょっとやることがあるから。」などと言って適当に切り上げます。終わりまで付き合っていたらこっちは瀕死状態になってしまうでしょう。

その自慢したがりとこの先も何かと接する機会があるし気まずくなりたくないという方は、上記の方法が最も適切な対処法です。

そういったしがらみもなく好き勝手にできるという方は、「あなたの自慢話には興味ない」という意思を伝えてしまいましょう。

これでこの先あなたに自慢してくる人はいなくなるでしょう。

これはもう最終手段みたいなものなので使うタタイミングには気を付けてください。

おわりに

いかがだったでしょうか。今回はあなたの周りにも必ずいるはずの「自慢する人」にスポットを当ててみました。

これを読んだあなたは自慢する人のことを「ちょっとかわいそうな人なんだな」と思うようになったでしょう。

そのような気持ちで接するのです。そうすればこちらが受けるダメージは最小限で済みます。

もっともやってはいけないのがさらに上位の自慢をすること、これだけは絶対にダメです。

ほんとにめんどくさいことになって、こちらには何もメリットがありません。

あなたがどんな相手でも論破できる論破星人ならやってもいいですけど普通の人はやめておきましょう。

スポンサードリンク

-恋愛, 恋愛心理学・テクニック