スポンサードリンク

新幹線の自由席を高確率で確保するテクニック

はじめに

どうもみなさんこんにちは、管理人のmasaです。

今回のテーマは新幹線の自由席を確保するテクニックについてです。

できるだけコストを抑えて移動したい場合、自由席を使うのがマストですよね。

でも長時間の移動で立ちっぱなしはきつい。

そんな人のためにお届けするテクニックです。

それでは早速やっていきましょう。

スポンサードリンク

高確率で自由席を確保できるテクニック

平日の夕方や帰省ラッシュの時は自由席ですら確保するのが難しいですよね。

そんな時でも使えるテクニックがあるんです。

それは偶数号車の乗車口から乗り込むというもの。

のぞみなら2号車、ひかりなら2・4号車に乗るんです。

実は新幹線は乗る号車によって座席数が異なります。

1号車は運転席があるため少なく、3・5号車はトイレや洗面台があるためこれまた少ない。

逆に偶数号車にはこれらがないため他よりも座席数が10席以上多いんです。

このテクニックを使い、早めの時間から並んでおけば高確率で自由席を確保できます。

スポンサードリンク

おわりに

いかがだったでしょうか。

新幹線でよく出張に行く方にとってはかなり使えるテクニックだったかと思います。

この方法で快適に目的地まで移動しましょう。