スポンサードリンク

父の日 今年はいつ?起源やプレゼントまとめ

 

はじめに

どうもみなさんこんにちは、管理人のmasaです。

今回のテーマは、父の日の起源やいつから始まったのか、おすすめのプレゼントについて。

お父さんに日ごろの感謝を伝える父の日には意外な起源があります。

今回はどのようにして父の日が広がっていったのか。

また、「今年の父の日はいつ?」、「オススメのプレゼントは?」などの疑問にも答えていきましょう。

今年の父の日の過ごし方やプレゼントに迷っている方の参考になればと思います。

スポンサードリンク

【あまり知られていない父の日の起源】

 家族のみんなのために忙しく働いてくれるお父さん。

そのお父さんへの感謝を伝える父の日はいつごろが起源となるのでしょうか。

まずここでは、その始まりを探ってみることにしましょう。

父の日は1909年にアメリカのワシントン州で始まったといわれています。

ワシントン州のとある場所にある一人の女性が住んでいました。

彼女はソナラ・ドット

彼女はいつも、「母の日があるのにどうして父の日はないのだろうか。」という疑問を持っていました。

彼女の父親は苦労人で、南北戦争に兵隊として参加したのち無事復員を果たします。

しかし、それからまもなく、ソナラの母親にあたる妻を亡くしてしまいます。

その後、彼は男手一つでソナラをはじめとした子供たちを育て上げてその生涯を閉じたそうです。

彼女はそんな苦労をかけた自分自身の父親のために、「全ての人が自分の父親に感謝を伝える日を作りたい」と考えました。

そこで牧師協会を訪れ、「母親に感謝する母の日だけでなく、父親にも感謝する日を制定して欲しい」と嘆願したのが起源とされています。

その願いが認められ、翌年の1910年に父の日の祭典が行われました。

しかし、当時は母の日ほど定着することはありませんでした。

世間に定着するにはそれから数年の月日が流れていくことになります。

アメリカで1972年に国の記念日として定められたのを筆頭に、世界の様々な地域で父の日が制定されたのです。

日本では「父の日」という言葉が最初にお目見えしたのは昭和25年頃といわれています。

しかし、日本もアメリカ同様あまり定着しませんでした。

日本に定着の兆しが見え始めたのは、1980年代

貨店が父の日を販売促進の一環として大々的にPRしたことにより、世間に認知されたといわれています。

スポンサードリンク

【今年の父の日はいつ?何を贈ってみようかしら。】

 

次に今年の父の日はいつでしょうか。

父の日は年6月の第3日曜日です。

従って今年は6月18日の日曜日になります。

何を贈ればお父さんは喜んでくれるでしょうか。ここではオススメのプレゼントをいくつかご紹介していきましょう。 

スポンサードリンク

1.仕事でもプライベートでも重宝すること間違いなし!!「雑貨」

お父さんはまだまだ働き盛りという方には、仕事でもプライベートでも使うことができる雑貨はうれしいものです。

仕事でつらいことがあったときに家族からプレゼントを見て励みにするという人も多いと聞きます。

普段は自分からあまり買うことのできないボールペンや万年筆などの文房具は喜ばれます。

価格帯も幅広く、高級なものからお手ごろなものまで選べるのがいいですね。

また名刺入れやパスケースなど、革製品のビジネスツールは贈り物には最適。

シャープなツールはお父さんをより「デキる男」へと演出してくれるでしょう。

スポンサードリンク

2.いつまでも若々しくという願いをこめて。いくらあっても困らない!!「衣服」

 6月の第3週といえば、梅雨が始まって初夏の暑い日に向けて準備を進めていく時期にあたります。

夏物の袖の短めなシャツや仕事を終えて自宅でくつろぐのにはぴったりな甚平や湯上りの汗が気なるお父さんにバスローブなどを贈るのがオススメです。

シャツは特にチョイスのしかたによって、若々しく見えたり、一気に老け込んでしまうこともあります。

センスの良い服を選んで、いつまでも若々しく見えるお父さんでいて欲しいものですね。

スポンサードリンク

3.やっぱりこれは外せない。お父さんの明日の活力になーれ!!「お酒・食べもの」

お酒をたしなむお父さんであれば、普段飲んでいるものをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

お酒だけでなく、酒の肴なども喜ばれるもの。

チーズや珍味といわれるいわゆる酒の肴は、高価なものからお手ごろなものまで種類は豊富です。

また、あまり飲まないというお父さんにはスイーツがオススメ

普段食べているところを見ないので嫌いなのかと思ったら、意外に甘い物好きといった話は良く聞きます。

「自分は普段こんなスイーツを食べているの。」といったところから、会話が広がっていくのもたのしいものです。

スポンサードリンク

【まとめ】

普段から身近なお父さんに感謝の気持ちを伝えるのは、身近すぎるゆえに難しいもの。

考えるとどんどん深みにはまっていってしまいます。

逆に家族なんだから、あまり考えずに感謝の気持ちと贈りたいと思うものをそのまま贈ってみてはいかがでしょうか。

お父さんのことを考えて、プレゼントを選んだりしてくれること自体が嬉しいものです。

きっとお父さんにとって、忘れられない父の日になると思いますよ。