ダイエット 雑学・豆知識

断食ダイエットの成功例と失敗例

2017/06/16

断食と言えば食べる事を断って痩せる事ですが方法は沢山あります。

全く何も食べずに数日過ごして痩せる方法、決められた飲み物だけを摂取して痩せる方法などなど様々です

スポンサードリンク

3日あれば絶対痩せるプチ断食。

その名の通り数日で痩せる方法です。

たった1日、飲み物だけで食事を我慢する方法。

ただ食事をしなければよいだけではなく、正しい方法で行わないとリバウンドになるので注意が必要です。

プチ断食はオーソドックに3日間で行います。

1日目は断食の準備

2目は断食本番

3日目は断食からの回復

このような順番で行います。

1日目 朝食と昼食は普通に食べて、夜は少しだけいつもより少なめの量にする。
2日目 朝から全く飲まず食わずではないが、野菜ジュースなどの水分を摂取。
3日目 朝食はおかゆなど消化の良いものを食べる。

ゆっくりとよく噛んで時間をかける。

昼食はいつもの半分の量にして、夕食は普通通り。

 

これが最短で痩せるプチ断食のオーソドックスなやり方です。

プチ断食の間違ったやり方に注意しましょう。

プチ断食は痩せるのが早く、必ず痩せます。

しかし、やり方を間違えるとリバウンドするので注意が必要です。

さらにストレスも溜まるのでイライラも増してきます。

断食しているからと言って全く水分を取らない事は止めましょう。

2日目は全く食事ができませんが、水分は必ず摂取して下さい。

断食中に全く食事をとらない行為は禁止です。

3日間のプログラムになりますが、3日間ずっと食事をとらないと体調を壊します。

食事をとらないのは2日目だけですが、水分は必ず摂取しましょう。

断食中の激しい運動は禁物です。

カロリーを減らそうとして激しい運動をする人がいますが、これは大変危険です。

断食中は身体が「省エネモード」になっていますので、急に激しい運動をすると倒れてしまって体調を壊します。

3日間はテレビを見るなどして静かに過ごしましょう。

3日目の回復ご飯をドカ食いしない。

3日目に、我慢してきたからと言ってドカ食いをするとリバウンドします。

おかゆなどをベースに少なめの量から食べる事をおすすめします。

スポンサードリンク

プチ断食の効果

摂取カロリーが激減するため、足りなくなったエネルギーを得ようと脂肪を分解し始めます。

脂肪が分解されるとそこに蓄積されていた有害物質も遊離して、体外へ排出されるのです。

断食で余分な物が入らなくなると、体内の血液循環が良くなり代謝が活発になります。

水分のみの摂取で排泄がよくなり、太る原因の一つである便秘も改善されるんです。

デトックスを促し体内を綺麗にすると、臓器が活発に働いて代謝が良くなり、細胞の修復も活発になるので美肌効果も得られます。

断食ダイエットは3日以上行わない。

断食ダイエットは3日間です。

個人差はありますが、1日目約1キロ。2日目約2キロ、3日目約3キロの目安で体重が落ちてゆきます。

長期の断食を行うと身体に負担がかかります。どうしても行う時は専門医に相談してから行ってください。

一度に激ヤセするのではなく順番に痩せてゆく事を目標として断食を行ってくださいね。

まとめ

断食ダイエットはやり方により成功しますが、間違ったやり方では失敗してリバウンドしてしまいます。

しっかり短期で痩せるなら断食ダイエットが良いと、成功した人たちがすすめる人たちが必ず言うのは「水分が大切」という事です。

断食に適した酵素ドリンクを利用すると、安全に楽に断食ダイエットに成功できます。

断食で食事を制限している分、美味しいドリンクが飲めることは気持ち的にも大きく違いますね。

ドリンクの選び方にも気を使う必要があります。

断食ダイエットは、ただ痩せるだけではなく体内デトックスが出来るので美容にもかなり効果的です。

これから夏に向けて露出が増えてくるので是非、挑戦してみて下さいね。

スポンサードリンク

-ダイエット, 雑学・豆知識