スポンサードリンク

恋愛関係になりたい相手をデートに誘うための3ステップ

恋愛といえばデートがつきものですよね。

おつきあいを始めたばかりの時のデートは最高に楽しいものです。

今回はデートの誘い方や回数について考えてみました。

デートに誘う前に

デートとひとくちに言いますが、定義が結構難しいですよね。

そこで今回はおつきあいを始める前のデートの誘い方について紹介します。

友人関係だったり職場の人間関係だったり、大勢で会うことはあってもふたりきりになる機会はあまりありませんよね。

それではなかなか恋愛に発展しません。

そんな時はデートにお誘いしてふたりきりの時間を作りましょう。

スポンサードリンク

ファーストステップ~デートプランを考えよう~

「あそこに行って楽しんでからあのお店でごはんにしよう」という風にある程度は決めておいたほうがいいですね。

この際選ぶ場所は、あなたのいつもの行動範囲の中にあるところにしましょう。

女性は頼れる男性に好意をもちやすいので、調べなくても行ける場所の方がいいのです。

スポンサードリンク

セカンドステップ~デートの誘い方~

友人や同僚といった毎日顔をあわせる相手でしたら直接声をかけてみましょう。

直接はハードルが高い…」という方はLINEなどを使うといいです。

LINEで誘う場合は、お相手の予定を聞いてその日は空いているという返事がきてからデートに誘うまでに間を空けないようにする必要があります。

予定が空いているという返事が既読になっているのになかなか誘わない状態だと、お相手もやきもきしてしまいます。

それまでそういった恋愛関係の話もなしにいきなり「デートしましょう」と誘うのはハードルが高いです。

ですから、最初はデートと言わずに誘ってみましょう。

  • 映画を見に行きたいんだけどつきあってもらえない?
  • 水族館のチケットをもらったんだけど一緒に行かない?

などの誘い方をしてみるといいでしょう。

お付き合いを始める前の状態だと、ふたりきりになった時に気まずくなってしまうこともあるかもしれません。

水族館や動物園だととりあえず目の前にいる動物などの話をしておけば沈黙がおとずれにくいです。

映画館もそれと同じで、見ている間は黙っていられますし、見終わった後も映画の話をすることで自然と会話がはずみますよね。

スポンサードリンク

サードステップ~お付き合いを始めるまでのデートの回数~

初めてのデートからお付き合いに発展するまでには大体3回くらいデートするという方が多いようです。

お付き合いをするまではちょっと物足りないくらいのデートですませるのがポイントになります。

そうするとまた会いたいという気持ちになってくれるでしょう。

おつきあいを始める前のデートは、いわば恋愛のお試し期間です。

デートが最終目的なのではなく、おつきあいを始めるための手段であることを忘れずにいましょう。

お付き合いを始めたらどのくらいの頻度でデートするか

お付き合いがスタートしたら誘い方には困らなくなりますが、頻度で悩む方が多いみたいです。

毎日でも会いたいけど相手に迷惑かな、と思うこともありますよね。

おススメなのは週末にデートをすることです。

回数でいうと週に1度くらいです。

休日の日数にもよりますが、全ての休みを恋人とすごすことを負担に感じる人もいると思います。

週休2日で働いている人ならば土日のどちらかは一人で過ごしたり友人と過ごしたりして、もう1日は恋人と過ごすことができますよね。

近すぎず遠すぎずの距離を保って自分の時間を大切にすると、恋愛にも余裕がうまれます。

相手を大切に思うのはもちろんですが、自分のことも大切にできるといいですね。

スポンサードリンク

お付き合いを始めたらどのくらいの頻度でデートするか

いかがだったでしょうか。

この記事がデートに悩むみなさんの参考になれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。