恋愛

恋愛したい!友達に紹介してもらう時のポイント5選

2017/09/23

恋愛って楽しいですよね。

ちょっと目が合うだけで嬉しかったり、手をつなぐだけでドキドキしたり。

でも相手がいないとできないのが恋愛…。

身近なところには恋愛対象と思える人がいない!という方はぜひ友達に紹介してもらいましょう。

ということで今回は、友達に恋愛のお相手を紹介してもらう方法について考えてみました。

恋愛のお相手を紹介してほしいと友達に伝える方法

まずは友達と「自分の好みのタイプ」について話しましょう。

何もなしに紹介して!と言われても友達も困ってしまいます。

自分はこういう人が好みである、とアピールすることが大切です。

そして、顔を合わせるたびに「彼女(彼氏)がほしい!!」と言いすぎるのはNGです。

同じことを言いすぎるとうんざりされますし、聞き流されてしまいます。

友達と会う時にさりげなく恋愛したいアピールをし、ときどき「いい人がいたらお願いね」と念をおすくらいでいいでしょう。

恋愛のお相手を友達に紹介してもらう時の注意点

まず、紹介してもらった相手の方に対して丁寧な対応を心がけましょう。

友達が紹介してくれる人は、もちろん友達とつながりのある人です。

そこで失礼な態度をとってしまうと、相手の方はもちろん友達に対しても非常によくない状況になってしまいます。

ですから、タイプじゃないからお断りしよう、と思ったとしても態度にだすのはNGです。

紹介してくれた友達に感謝の気持ちを伝えましょう。

友達の側から見れば、あなたと紹介相手の恋愛が成就しても得になることはないはずです。

それをわかっていながら時間をさいて紹介してくれたのですから、別の機会に食事をごちそうするなどして感謝を伝えるといいでしょう。

また、紹介してもらったもののあんまりタイプじゃなかった…という場合もあると思います。

その時は友人を介して断るよりも、本人に断る方が友達は気まずい思いをせずにすみそうです。

お断りしてしまった場合、友達に報告するのが気まずい場合もありますよね。

そういう場合でも結果の報告をするようにしましょう。

せっかく紹介したのにその後の連絡がまったくないのでは、恋愛どころか友達との友人関係をきられてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

自分の知人を友達に紹介する時の注意点

いい人を紹介してもらうかわりにあなたからも紹介する必要がでてくる時もあるかもしれません。

そんな時に気をつけてほしいのは期待しすぎないことです。

恋愛というのはいい人にめぐり会ったからと言ってすぐに発展するものではありません。

ですから紹介はただのきっかけというくらいに考えましょう。

出会いの場を作ったらあとは本人たちにおまかせするのです。

紹介する前に、紹介相手にも友達にもお互いのいいところや相性がよさそうなところなどの話をしておくと距離が縮まりやすいでしょう。

また、紹介する前に「断られた時にうまくフォローできるか」もよく考えておきましょう。

たとえば職場の知人を友達に紹介したとします。

知人は乗り気だったのに友達が断った場合、うまくフォローしないとあなたと知人の間も気まずくなってしまいます。

そこまで考えて紹介する方がいいでしょう。

出会いから恋愛に発展させるための方法

友達の紹介から恋愛に発展させるには、まず出会いの場が大切です。

友達、紹介相手、あなたの3人で会うよりは、他のメンバーも含めて合コンのような形にする方が連絡先の交換などに発展しやすいでしょう。

他の人たちがLINE交換をする中で、あなたと紹介相手もさりげなくLINEを交換することができると思います。

連絡先を交換したら、解散後必ず楽しかったことを伝えましょう。

相手も楽しめたようならすぐに次の約束をするといいでしょう。

まとめ

この記事が恋愛したいみなさんの助けになれると幸いです。

最後までお読み下さりありがとうございました。

スポンサードリンク

-恋愛