スポンサードリンク

恋愛が苦手な男性が知っておくべき事

みなさんこんにちは。

今回は恋愛が苦手な男性に贈る記事です。

そもそも恋愛が苦手なのはなぜか。

それは自分の力だけでどうにかなるものではないからではないでしょうか。

一人で恋愛はできません。

必ず相手がいるはずです。

自分のことだけでなく相手のことも知らなければならない。

ということで今回は、恋愛が苦手な男性がそれを克服するために知っておくべきことを主に紹介していきます。

自分が女性からどう見られているかを考える事も大切

苦手意識は男性女性両方にあるものだと思います。

今回は男性の様々な一面を紹介しながら「女性がその一面と向き合った時どう思うのか?」を少しみていきたいと思います。

何故なら恋愛は『一人の女性が一人の男性とするものだから』です。

『魅力は相手が貴方に感じるものです。』

見終わって少しでも苦手意識が「自分も苦手なら相手も苦手なのかも」と思える余裕に変わっていますように。

スポンサードリンク

過度の心配が苦手な女性

「大丈夫?」「何かあった?」が口癖になりがちだったり、恋愛していて何か二人の間に問題があっても自分が悪いとする「自尊心」の一面を恋愛が苦手な男性は強く持っているように思います。

女性の立場になってみるとこれが過度であれば正直大変ですよね。

相手を心配する事は大切ですが過度の心配は無駄な干渉・束縛に取られがちになってしまいます。

直すのに越した事はないと思います。

スポンサードリンク

思慮深い一面に疑問を持つ女性

女性を見ていてどんな時でも構いません。

何を考えてるんだろうって相手に印象を受ける事ありませんか?

恋愛が苦手な男性は過度にこの印象を考えがちだと思います。

なんとなく思慮にふける感じです。

神経質とはまた違ったニュアンスの一面です。

この一面が顔を出している時の女性は心配しないでも大丈夫ですし、干渉される事も大丈夫な時だと思います。

神経質とは違う一面の理由ですね。

貴方も思慮に同じようにふけってみるのも一つ。

二人でボォーっとも良いと思います。

スポンサードリンク

過度の心配性は女性からの過度な対応を受けやすい

レストランを予約する時、確認する事といえばなんでしょう?

予約の日時、人数、メニューの内容、店名、場所、こんなところでしょうか。

恋愛が苦手な男性の場合、予約した日時の店近辺の交通情報、お客さん状況等附帯確認をしないと気が済まない一面があるように思います。

心配性過ぎる一面です。

「行ってからでいいのでは?どうにかなるでしょ。」と思う女性もいると思います。

恋愛が苦手な男性はこの反応を気にしない傾向があるように思います。

悪気がない事ぐらいは伝えるのも一つですね。

過度な独占欲は女性を束縛しがち

「一番好き」と言われるよりも「誰よりも好き」、「好きなのは貴方だけ」等と言われる方がしっくりくる男性が持つ一面。

恋愛が苦手に感じるのはこの独占欲という一面が強過ぎるのではないでしょうか。

女性の気持ちを優先出来る独占欲が本当に必要だと思います。

独占欲は相手を心地よくさせて初めて発揮されるものでもあります。

スポンサードリンク

過度な独占欲は女性を束縛しがち

カッコをつけるのは男性なら誰でもあります。

でもその程度はやはり自分が自分を認める程度に左右されるものです。

恋愛が苦手な男性は所謂自分に自信があまり持てない傾向にあると思います。

恋愛に限らずな事ですが自分を認める事は大切です。

認める事がなかなか出来なくても、自分にカッコつけてでも認めるべきです。

女性はそういうところを見ているものです。

ナルシストと勘違いされるより理解された方が誰でも良いと思います。

頑固と鈍感は女性にすればごめんなさいの対象

気になっている女性がもしこんな感じであったらどうしますか?

とても疲弊してしまうと思います。

恋愛か苦手な男性に一番多い傾向ではないでしょうか。

不器用の意味は自分らしくありたい気持ちと男としてこうありたい気持ちを上手くコントロール出来ない=頑固ですね。

例えばこういう一面が出やすいシチュエーションはよくある話ですが相手から相談という名目で話があると言われた時です。

頑固と鈍感は女性にすればごめんなさいの対象②

女性は相談等を理由に男性の気持ちを確認したりするものです。

女性ー「話聞いてくれてありがとう。スッとした…なんか。ところでさ、来週とかって何してるの?日曜仕事休みだよね?」

男性ー「いいよ別に。なにもしてない。ん?休みだね。ていうか本当に大丈夫なのか?大変だろうに…おまえも休みだろ。ゆっくりしたら。身体壊すぞ。」

恋愛が苦手な男性はこうなりがちではないでしょうか?

頑固と鈍感は女性にすればごめんなさいの対象③

相談事に対して男としてちゃんと助けになりたいがまず先になって女性からの誘いに対して自分が思う自分らしさを持って対応しています。

恋愛で男としてこうありたいを先に持ってくるのは頑固と思われがちです。

女性にしてみれば「いやいやそういう事でなくて…ええーそうなの?」と勘違いされがちになると思います。

恋愛で頑固は無駄な駆け引きになるんですね。

しない方がベターです。

まとめ

女性にも様々な一面、色々な時があるのをなんとなくでも理解してもらえたなら幸いなのですが。

どうでしょうか?

男性にも性が違うだけで様々な一面があります。

恋愛が苦手だと勘違いしている男性にも。

好きな女性の貴方を好きな理由が恋愛が苦手なところだったらどうしますか?

得意になりたいと思いますか?

そのままの自分でいたいはずです。

好きな自分を誰も変えたいなんて思わないですよね。

そこに苦手意識が出てくるのはおかしいのではないでしょうか。

恋愛の素晴らしいと言われる最たる由縁だと思います。

冒頭にも書きましたが、

世間で言われる魅力ある人は世間が言っている事です。

気にすべきは『貴方が恋愛している女性に魅力を感じて貰えるか』ではないでしょうか。

この記事は男性の様々な一面を挙げたに過ぎません。

御留意の程、願って止みません。