雑学・豆知識

100%無難な忘年会での挨拶の例~幹事・司会編~ 

2016/12/04

スポンサードリンク

はじめに

みなさんどうもこんにちは、今年も残すところあと少しとなってきました。

社会人の方にとって残っているイベントといえば忘年会ですよね。

今年の忘年会の幹事を任されてしまった!という方も多いのではないでしょうか。

サークルや友達との忘年会とは違って社会人は何かとマナーや形式が厳しいものです。

ここでしっかりと挨拶の仕方を覚えましょう。

忘年会での挨拶一覧

忘年会でのあいさつというと、なんだか大変なことのように考えてしまいますよね。

でも基本的に新入社員が幹事や進行役を任された場合はそんなに難しいことはしません。

長々と挨拶をすることもしっかりと締めの言葉も述べる必要はないんです。

大事なのは要所要所で区切りとなるお知らせをすること。

今回はあなたが新入社員で忘年会の幹事や司会を任されて挨拶をしなければいけなくなった場合の例を紹介していきます。

ここであげた例をもとに自分なりのあいさつ文を作っていってください。

幹事や進行役の紹介

069f0bc6665989be289c133a7163c375_s

まずは簡単な挨拶と忘年会の幹事、または進行役の紹介です。

みんな早くお酒を飲みたいと思っているのでできる限り簡潔な挨拶にしましょう。

簡単な挨拶例を紹介しておきます。

みなさん、本日はお集まりいただきまことにありがとうございます。

これより忘年会の司会(幹事)を務めさせていただく〇〇(所属と名前)です。本日はよろしくお願いします。

開会の挨拶

幹事の挨拶が終わったらそのまま開会のあいさつに移ります。

基本的に開会の挨拶というのはその場の最も上の役職の方がするものです。

その時になって突然お願いするのは失礼なので事前に話をつけておきましょう。

挨拶例は以下の通りです。

それではまず✕✕様に開会のご挨拶を頂戴したいと思います。

✕✕様、よろしくお願いいたします。

乾杯の挨拶

開会のあいさつをしてもらったら次は乾杯の挨拶です。開会の挨拶をしてもらった方にそのままお願いするのもいいですし、その方の次に偉い方へお願いしてもいいですね。

違う人にお願いした場合は、最初にしっかり開会のあいさつをしてもらった方への感謝をしましょう。

乾杯の挨拶は次のようにするといいです。

✕✕様、開会のあいさつありがとうございました。

それでは待ちきれない方もいらっしゃると思うので乾杯に移りたいと思います。

乾杯の音頭は、△△様お願いいたします。

余興がある場合の挨拶

余興がある場合は乾杯が終わってしばらくしてから挨拶するようにしましょう。

そのタイミングは余興をする人と事前に決めておくとスムーズに移行することができます。

余興に移るときの挨拶は以下のようにするといいでしょう。

みなさまお楽しみいただけていますでしょうか?

これからもっと楽しんでいただける余興がありますのでそちらを始めたいと思います。

それでは余興をしてくれるみなさん、よろしくお願いします。

スポンサードリンク

余興が終わったとき

余興が終わったタイミングで区切りの意味も含めてあいさつしましょう。

自分が余興に参加した場合もしなかった場合もお礼の言葉はしっかり述べること。

その時の挨拶例は以下の通りです。

楽しい余興をありがとうございました。

みなさん、頑張ってくれた方々にもう一度盛大な拍手をお願いします。

それではまたしばしのご歓談をお楽しみください。

閉会の挨拶

最後のあいさつです。

終わりよければすべてよしということで最後のもうひと頑張りです。

この時も上司の方にお願いするといいでしょう。

あまり長いとみんな酔っ払っているのもあってグダグダになってしまう恐れがあるので一本締めがおすすめですね。

ばっちり締まります。

閉会のあいさつの例は以下のようにするといいでしょう。

みなさん、盛り上がっている中まことに恐縮なのですが、そろそろお開きの時間が迫ってきています。

ここでいったん締めさせていただきます。

閉会の挨拶は~~様、よろしくお願いいたします。

二次会へ移行する場合

この時も最後に挨拶をしていただいた方への感謝をしっかりと述べましょう。

大体2次会があると思うのでそれまでの挨拶例を載せておきます。

~~様、ありがとうございました。

まだお時間がある方はこのあと2次会も用意しておりますので是非参加してください。

本日の司会(幹事)は〇〇でした。ありがとうございました。

おわりに

いかがだったでしょうか。

これで忘年会の挨拶はばっちりだと思います。

基本的に忘年会の幹事や進行役は新入社員が任されるものです。

会社のみんなが一堂に会する場なので顔と名前を売っておく絶好にチャンスです。

ここでスムーズな進行ができればきっとあなたの評価も上がることでしょう。

何も難しいことはありません。基本的に大事な挨拶は上司の方々に任せればいいのです。

あなたはちょこっと登場してその場をまとめていくだけ。

頑張るのは余興の時くらいです。

まぁお酌して回ったりもしなければいけないんですけどね。

忘年会も仕事の一つだと思って全力で挑戦しましょう。

私が毎日ブログを書きながらも暮らしていける理由

スポンサードリンク

 

-雑学・豆知識