雑学・豆知識

バレンタインの由来はローマにあり!

2017/02/10

スポンサードリンク

はじめに

どうもみなさんこんにちは、管理人のmasaです。

今回のテーマはバレンタインの由来についてです。

突然ですが皆さんはバレンタインの由来についてご存知ですか?

あまり知らない方が多いことでしょう。

バレンタインの由来を知りたいのであれば、まずバレンタインがなぜできたのかを知っておきましょう。

日本でも特別な意味を持つバレンタインデー。

しかし、なぜ日本でチョコをあげるようになったのかもあまり知られていません。

そこで、日本でチョコをあげる由来についてもお話ししたいと思います。

それでは早速やっていきましょう。

そもそもバレンタインとは?

バレンタインデーを、英語では「Saint Valentine’s Day」と言います。

それを日本語に訳すと、“聖バレンタインの日”になるのです。

そもそもバレンタインというのは、3世紀にローマで殉教したバレンタイン(ウァレンティヌス)司祭の名前です。

古代ローマの時代、ローマ皇帝クラウディウス2世は「士気が下がる」と言う理由で兵士の結婚を禁止したと言われています。

バレンタイン司祭は、密かに兵士たちを結婚させていました。

しかしそれが皇帝に知られてしまい、改宗を迫られたバレンタイン司教はそれを拒否したことで、捕らえられて処刑をされてしまいました。

このことから、バレンタインデーができたと言われています。

バレンタインの由来とは?

バレンタインがなぜできたのかを知ると、由来についても知りたくなりますよね?

そこで、バレンタインの由来についてお話ししたいと思います。

バレンタイン司教が処刑された日が2月14日です。

つまり、バレンタインデーは、バレンタイン司祭の殉教した日なのです。

当日、ローマでは2月14日は“家庭と結婚の女神”ユノの祝日でした。

次の日の2月15日は、ルペカリア祭りの始まる日であり、別々に住んでいた男女が札を引くことで祭りの間はパートナーとなって一緒にいることと決められたそうです。

札によって引き合わされた男女の多くは、そのままカップルとなり結婚しました。

このため、キリスト教徒にとってもこの日は祭日となり、“恋人達の日”となったと言われています。

スポンサードリンク

日本でチョコをあげることになった由来について

まず、バレンタインの由来について整理をしましょう。

・バレンタイン司教は、兵士の結婚を助けたことで処刑されてしまった。

・バレンタインの殉教した日は“家庭と結婚の女神”ユノの祝日で多くのカップルが誕生したルペカリア祭りの札を書く日だった。

など整理をすると、バレンタインデーは“恋人達の日”にふさわしいと言えますね。

でも“女性がチョコレートを男性にあげる日”になったのはどうしてでしょうか?

実は、この点も含めて日本のバレンタインデーは他にも特徴がいくつかあるのです。

まず、チョコをあげるようになったのは、昭和30年代に入ってからのことだといわれています。

1958年(昭和33年)の2月、メリーチョコレート会社は、新宿伊勢丹の売り場で“バレンタインセール”を行いました。

また、森永製菓やソニープラザなどもチョコレートの販売をするように積極的に動きました。

ただ、当初は必ずしもうまくはいきませんでしが、1970年代頃になってくると状況が変わってきました。

この頃になって、バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣が小学校高学年~高校生の学生の間に広まるようになってきたのです。

その後、1980年代後半頃になると、主婦層まで広がったと言われています。

そして、今では友達にあげたり、自分のご褒美として購入する方が多いのです。

それが、日本でチョコをあげるようになった由来です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

なぜバレンタインデーができたのか分かりましたよね?

また、一般的に言われているバレンタインの由来でしたが、諸説あるようです。

今では、15世紀頃にバレンタインが恋人の守護聖人になったなんて言われているようです。

さらに日本でなぜチョコをあげるようになったのかも分かりましたよね?

小売業界が積極的に動いたからこそ、今のバレンタインデーがあるのです。

今までバレンタインデーを気にしなかった方は、この機会にチョコを買ってみましょう。

関連記事

バレンタインには悲しい歴史が隠されていた。

バレンタインに贈るお菓子に隠された意味とは

バレンタインのカードの書き方や作り方まとめ

ホワイトデーの由来や意味まとめ

ホワイトデーのお返しの意味を知らないと大変なことに?

ホワイトデーのお返し~職場では何が正解?

-雑学・豆知識