育児 雑学・豆知識

子育ての悩みの相談場所・解消法などまとめ

2017/04/11

子育ては試行錯誤の連続です。

親になるための訓練を受けたわけでもないので、自分の子育てが正しいのか、どのように教育すればよいのか、子どもの成長が周りと比べて遅くて心配など、悩みは付きません。

そんな時、悩みを抱える親が相談出来るサービスや支援センターがあることをご存知ですか。

今回は、誰でも気軽に頼ることが出来るサービスや年代別の子育ての悩み、子育てに悩んでしまった時の解消法をご紹介しましょう。

スポンサードリンク

 

子育ての悩みを相談する場所はあるの?

仲が良いママ友がいたり、家族が近くにいたりすれば相談も簡単にできると思いますが、そうでない親も沢山いるでしょう。

そんな時は、行政や会社が運営している子育て支援センターや電話相談サービスを利用しましょう。

日本保育協会では、子育てや育児に関する内容の相談を無料で受け付けてくれています。

ママさん110番で検索してみましょう。

また、森永乳業では妊娠中から小学校前のお子さんに関する悩み相談が出来たり、サイトを訪れると同じ悩みを持つ親へのアドバイスが書かれたページを読んだりすることも出来ます。

エンゼル110番で検索して、詳細をぜひ調べてみてくださいね。

全国各地のママがあらゆる悩みを投稿し、他のママが回答したりアドバイスしたりしているサイトがウィメンズパークです。

無料登録さえすれば、自由に投稿、コメントが可能。

私も妊娠中からお世話になっており、相談をしたこともあれば、自分の経験談を悩んでいるママへアドバイスとして伝える、など活用しています。

各地方自治体では、子育て相談が出来る窓口が設置されています。

お住いの地域と子育て相談で検索をしてみましょう。

熟練の保育士や保健師が話を聞いてくれますよ。

どのような悩みを抱いているのか年代別ではどうなっているの?

子育ての悩みはいつになっても尽きることはないでしょう。

成長する過程で様々な悩みが解決されては、また新しい悩みが生まれる毎日です。

ここではどのような悩みが多いのか共有していきましょう。

乳児期

この時期は授乳方法や泣いている理由、離乳食の与え方、体重身長の増減などが悩みの種です。

1歳以降

卒乳・断乳、運動能力、言語能力に関する悩みが増えていきます。

親になって日が浅いため、たくさんのことが未知数でストレスが募る時期でもあります。

幼児期

食事、着替え、排泄などは子ども自身が出来るようになりますが、言語や社会性の発達速度について悩みが増えていきます。

他のお子さんと接する機会も増えるので、否が応でも他と比べる機会が増えてくる事も原因です。

学童期

親の目が行き届かない所で何をしているのか、どのような友人関係なのか把握することが困難になります。

学校生活も全ては見えないため、子どもの勉強に対する態度など不安になることも。

スポンサードリンク

思春期

子どもの心の成長が著しく、親への反抗心から非行に走らないか、また、ますます子どもの行動が広がり親の目が届かず、心配になります。

受験勉強なども入ってくるため、様々な悩みが増えてくる最後の正念場とも言えるでしょう。

子育ての悩みに対する解消法は?

子育てにおいて悩みの種の一つとして子育てと家事の両立が挙げられます。

子どもの世話と家事と人によっては仕事もと3つの三本柱を完璧にこなすことは困難です。

思い悩んでも解決法が出てこない事も多いでしょう。

1人で抱え込まず、パートナーに相談して分担できる子育てと家事をお願いしていきましょう。

お互い、感謝の気持ちを忘れないことも重要ですね。

また、上記のように協力してくれる場合は問題ありませんが、悩みを話してもパートナーが協力的でない場合も悩みは増えるばかり。

諦めていては子育ての悩みは解決しません。

子どもにとってパパは必要不可欠、パパと子どもの関わりは子どもの成長に大きく影響することを伝え、子育ての協力だけでもしてもらえるように頑張りましょう。

逆に子育てに干渉しすぎるパートナーに対して、ママはストレスを感じるかもしれません。

子育てに熱心なパパは、周りから見るとイクメンにも見えますよね。

子育ては夫婦ともに行うことですので、子育てに熱心なパパの教育方針や子育て方針に耳を傾け、家族としてどのような方針で育てていくのか決めることをおすすめします。

まとめ

子育ては365日続いていきます。

子どもが生まれた時に、これから死ぬまで子どもと共に生きていき、子どもという大切な存在を守っていかなければ、と固い決心をした思いを昨日のことのように感じます。

ただあまり肩の力を入れすぎると、日々悩みが発生する子育てなので身が持ちません。

自分一人で解決しようと考えず、周りを巻き込み、一緒に子育てをするような気持ちを忘れないことが、悩みを軽減する最善の方法です。

スポンサードリンク

-育児, 雑学・豆知識