スポンサードリンク

自由恋愛の良いところと悪いところ

自由恋愛という言葉が流行っていますが、日本人は自由恋愛に不向きな気質をもっているのです。

自由恋愛が原因で少子化が悪化しているとも言われ深刻な問題になっているように思われます。

しかし、自由恋愛だからこそとっても楽しい恋愛ができる人もいます。

今回はそんな自由恋愛の良い部分と悪い部分をちょっと取り上げてみましょう。

日本人が恋愛事情

スポンサードリンク

・若者の恋愛離れ

独身男女の70%が交際相手がいなく、独身の割合が男性は69.8%、女性は59.1%と過去最多と国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かっています。

独身男性の7割が交際相手がいない事もあり、交際相手が欲しいという新成人も64%に減少しています。

スポンサードリンク

・交際相手が欲しくない理由

内閣府が調査した公表によると、結婚・家族形成に関する意識調査では、恋人がほしいか?の問いに、恋人のいない未婚男女の40%が「欲しくない」と答えています。

その理由として「恋愛が面倒」が最も多い答えでした。

スポンサードリンク

・日本人は恋愛下手

外国人が日本人と交際すると、日本人の恋愛下手がよくわかるそうです。

日本人は思っている事を表にだせなくて、気が付かないうちに色々と悩みが重なってしまい、相手の話を聞くよりも、自分の事をアピールする為に頑張りすぎているそうです。

動きが遅く本音を言い出さない、変に「これをやらなくちゃいけない」と言う考え方が強く、うまくいかない原因について話をしたがらないそうです。

スポンサードリンク

・日本人は愛情表現が希薄

付き合うまでは何でもしてくれて優しいが、付き合いだすと愛情表現が希薄になり、好きを頻繁に言ったり言われたりするのが嫌で、キスも多くしたがらない。

恋人になるからこそ、厳しく言ってくることや、お互いに友達を紹介したがらない事が多くあります。

日本人は、ロマンチックじゃなく恋人よりも友達を優先するところが多くあります。

スポンサードリンク

自由恋愛から得られる事

スポンサードリンク

・自由

徹底して自由であると言う事について、束縛される事に喜びや愛情を見出す人には理解されないと思われますが、逆に言えば自由を愛すると言う事です。

優先するものが必ずしも、彼や彼女ではないということであって、仕事や趣味や教育に費やす時間も大切にしているということです。

・好きと言う形

自由に好きになると言う事ですが、それはそれぞれの相手の好きなところが異なり、それを全て受け入れているという事です。

既婚者では問題があるかと思われますが、独身であれば責められる事はありませんね。

1人の人を丸ごと愛することも生き方ですが、1人にあえて縛られずそれぞれのよさを愛する生き方もありなのではないでしょうか?

どちらが良いか悪いかではなく、自分がどうしたいかが大切です。

・多くを求めない

何かについて言及することはなく、なにより大切なのは共有している時間です。

それ以上に望むものはないからです。

意外に思うかもしれませんが、このような考えの方は思う以上にたくさんいます。

それぞれのパートナーがいたうえで、リンクするように共有している人達は、そういった理由からトラブルになりにくく案外長続きするものです。

・嫉妬とは無縁

自由恋愛は嫉妬とは無縁の世界で楽しい時間を共有する所にウェイトをおいています。

将来的な打算とかが働くと、せっかくの楽しい時間の雰囲気を壊してしまい、喧嘩になってしまったりしませんか?

そういった感覚がないため、純粋に没頭して共有する時間を楽しめるわけです。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしょうか?

自由恋愛の良いところと悪いと事を書き出してみました。

日本人にとっては自由恋愛は不向きで、面倒になり結婚しない人も増え、少子化問題に大きく影響しつつあります。

しかし、外国では自由恋愛は当たり前のようにされています。

自由恋愛で自分だけに気持ちが向いていないと不満を抱く人もいますが、自由恋愛だからこそ、嫉妬もしないし焼きもちも焼かない。

なんてクリアな気持ちで恋愛ができるのだろう・・・

そう。

捉え方なのです。

自由恋愛を選ぶ人は捉え方が根本的に違います。

なので自分がどうゆう恋愛をしたいかを、しっかりと意識づけてゆくことが大切です。

あなたはどちらですか?

自由恋愛を選びますか? それとも1人の人をずっと愛し続ける恋愛をえらびますか?