ダイエット 雑学・豆知識

置き換えダイエットの注意点

置き換えダイエットとは、1~2食の食事をドリンクに置き換えて痩せる方法です。

しかし注意しなければ落とし穴があります。

スポンサードリンク

置き換えダイエット食品とドリンクの条件

カロリーが低い事 ダイエットが目的なので低カロリーの物を選びましょう。

ドリンクなら何でもよいと高カロリーの物を選んでしまうと逆効果になります。

栄養素が高いこと 食事を置き換えたとき栄養不足になり、体調を崩す人も多く途中で中断してしまう事もあります。

健康的に痩せなければ意味がありませんので、栄養価が高く添加物の少ないものを選びましょう。

満腹感があること 置き換えダイエットでは、ファスティングほどではないにしろ空腹と戦うことになります。

置き換え食品に満腹感があるものだと間食の誘惑にも勝てます。

価格が高すぎない事 一定期間継続させる事に意味がるので、経済的に続けられるものを選びましょう。
美味しいものを選ぶ ダイエット食品には、すごく美味しいと思えるものはありませんが、美味しくないと思えるものが続かないので口に合う物を選びましょう。


置き換えダイエットはリバウンドに注意

栄養価を管理してカロリーコントロールするので、今まで食べ過ぎていた人や食生活のバランスが崩れていた人にはとても向いているダイエット方法です。

しかし、1日のカロリーが減少して体重が減ったとしても安心はできません。

中には簡単に効果のある人もいますが、大切なのはその効果をキープすることです。

人の身体は、餓死状態になると吸収率が上がります。

そのため特に極端な置き換えダイエットを行った後は、リバウンドによりダイエットを始める前より体重が増えてしまう事がよくあるのです。

置き換えダイエットから普通の食生活に戻す時には、より一層の注意が必要です。

急に戻すのではなく、少しずつ身体をならすように戻してゆきましょう。

また、完全に元の食生活に戻してしまうのではなく、できるだけ高たんぱく・低カロリーの食生活を維持する事で太りにくい身体を作る事が出来ます。

スポンサードリンク

置き換え期間は最低でも3ヶ月から。

どんなダイエットも即効性はないと言えます。

置き換えダイエットも同じで、始めてすぐに痩せる物ではありません。

そのため、始める時は長期にわたって続ける覚悟が必要です。

置き換えダイエットの効果が感じられるのは、最低でも3ヶ月後になります。

一度ダイエットに成功したら、太りにくい体質を手に入れる為に基礎代謝を向上させるため腹筋などを習慣に取り入れるのが理想です。

急激な置き換えダイエットを行えば1ヶ月で効果は出てきますが、急激な体重減少は体が元に戻ろうとする力が働くので、結局リバウンドしてしまいます。

健やかに痩せるために栄養価格チェックは重要です。

 

一日のうち何食かを置き換えると、大幅に摂取カロリーを減らすことになるので体に負担がかかります。

特に置き換えダイエットは食事制限をするので栄養面には気を付けなければなりません。

栄養バランスが崩れると便秘になったり肌がトラブったりして悪影響が出てしまいます。

カロリーと栄養価は必ずチェックして下さい。

まとめ

置き換えダイエットはリバウンドしやすいという話をよく聞きますが、その理由として

  • カロリーだけではなく体に必要な栄養素もカットしてしまい代謝が悪くなる
  • ダイエット中に運動を行わず筋肉が減った事で代謝が悪くなる
  • ダイエット終了後、元の習慣に後戻りしてしまう。
  • ダイエットのストレスが体を太りやすくしてしまう。

これらの理由があります。

置き換えダイエット中は、ダイエットの後に良い生活習慣を続けていくための練習期間だと認識して下さい。

そしてダイエットの終わりはゴールではなく、ダイエット食品に頼らず自分の体を維持してゆく新しいスタートなのです。

これらのポイントをおさえて置き換えダイエットのリバウンドをしっかり予防して行ってください。

太りにくい体質作りが一番の目標なのです。

スポンサードリンク

-ダイエット, 雑学・豆知識