スポンサードリンク

恋愛において第一印象を制する3つの柱

スポンサードリンク

はじめに

第一印象、それは人との付き合いにおいてもっとも大切な要素の一つである。

これを制すれば、恋愛までも制することができるほどだ。

はい、ちょっと名言チックなものも出てきたところで始めていきましょう。

みなさんも昔からよく聞かされてきたでしょう、「第一印象が大切だ。」というセリフ。

何においても第一印象というのは大切なことですが、その中でも恋愛においてはこれがすべてと言っても過言ではないくらいです。

アメリカの心理学者であるメラビアンは、「感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたとき、人は視覚の情報を優先して受け止める。」と提唱しました。

なんだか難しいことを言っていますね。

簡単に翻訳すると、ツンデレの子が頬を赤らめながら、「あんたなんて嫌いよ。。。」と言ったとします。この時に人は、その言葉よりもその女の子の様子から「俺のこと好きだなこいつ」という情報を獲得するということです。

つまり、外見(視覚情報)というのは人を判断するうえでこの上なく重要なファクターになるってことです。

これをメラビアンの法則と言います。聞いたことがある人も結構いるんじゃないですかね。

今回はこのメラビアンの法則を使って、第一印象を制して恋愛を制するための基礎知識と、その実践方法について紹介していきたいと思います。

それでは早速やっていきましょう。

スポンサードリンク

第一印象を制して恋愛を制するための基礎知識編

メラビアンの法則では、人が他人を受け入れるまでには4つの壁があるとしています。

その壁とは以下の通りです。

  • 第一の壁 外見・服装・表情
  • 第二の壁 態度・姿勢・仕草
  • 第三の壁 声のボリューム・抑揚・スピード
  • 第四の壁 話の内容

これらの壁を乗り越えないと、受け入れてもらえないなんてなかなか人間というのは厳しいですね。

まるで就活のようだ。

それぞれどの程度の割合で重要視されているのかという実験もメラビアンは行いました。

その結果は、外見(態度)が55%話し方が38%、そして話の内容が7%という結果になっています。

さらに、これら4つの壁を壊して相手の心に入っていくために許された時間は、わずか5秒しかありません。遅くとも60秒以内には第一印象として決まってしまうのです。

しかも、その間に下された判断は親しくなってからも特に変化はないという実験結果も出ています。

いかに第一印象が恋愛において大事かということがみなさんにも伝わったのではないでしょうか。

そんな限りなく少ない時間のなかでどうすれば好印象を与えて、その後も良好な関係を築いていけるのか。

具体的な方法をお教えしましょう。

スポンサードリンク

第一印象を制して恋愛を制するための実践編

さてさて、メラビアンの法則がどういったものかを知っていただいたところで、今度は具体的にどうすればいいのかを紹介していきたいと思います。

60秒間という短期決戦をいかに勝てるようにするか。

それ次第でこれからのその人との関係性が変わってきますのでしっかり対策を練って万全な状態で臨みましょう。

外見編

身だしなみ

やはり男性も女性も一番に気を付けるべきは身だしなみです。髪型、メイク、服装、靴の手入れなどなどたくさんやることがあります。

もっとも好まれるのは清潔感のある見た目ですね。ぼさぼさの髪やど派手なメイク。よくわからない柄のシャツに汚れたスニーカーなど。

初対面ではあまりコアな層を狙うのはやめましょう。

はじめは万人受けするような恰好をして、後々本来の自分を見せていくほうが色々なタイプとの可能性を高めるという意味では最も適切です。

ムダ毛処理

男性に関しては結構おろそかにしてる人が多いと思います。

まぁ男性に関しては最低限の処理さえしてれば問題ないです。鼻毛が出てないか、眉毛はボーボーじゃないかなどですね。

逆に女性は本気で気をつけなければいけないポイントです。

口の周りにひげが生えてしまっていないか。腕毛やすね毛はつるつるじゃないまでも処理してあるか。

間違ってもわきの処理をしていない状態でわきが見える服を着ていないか。

男性は一瞬でここら辺をチェックすることができます。それはもう変態的な速さで見ていきます。

気を付けましょう。どんなに体毛が濃い人でも60秒間で伸びてしまうなんてこと起こらないと思うので。

表情

これはもう当たり前ですね。初対面で無表情な人はもう終わりです。その時点でアウトです。

「ニコニコするのは苦手なんです。。。」という女性の方、そんなこと言ってる場合ではありません。60秒以内で一度微笑むくらいでいいんです。

相手のことなんか見ずに妄想なり空想なりして少しにやっとするだけでもいいんです。

一度でも笑えたらそれはもう希少価値の高いものとして、どうにかしてまたあなたを笑わせようと男性陣はあれこれ画策することでしょう。

男性陣はもうなんかいやらしい映像を思い浮かべておいてください。ニヤニヤしてたら気持ち悪いですけどそこを弾ける笑顔に変換するのです。

60秒さえ乗り切ればこの子とキャッキャウフフな楽しいこれからが待っていると考えれば自然といい笑顔になることでしょう。

話し方編

言葉遣い

これも結構重要なポイントですね。特に女性の場合は最初から砕けた言葉遣いだとあまりいい印象を持たれません。

普通の女性らしい話し方をしたほうがいいでしょう。

「女性らしい喋り方ってなんだよ!」という方、テレビに映っている売り出し中の女優さんを参考にしてください。

あのような女の子らしい喋り方をする女性を嫌いな男はいません。

男性も同じような感じですね。男友達と話すような感じではなくしっかりよそゆきの言葉遣いをしましょう。

あまり汚い表現や乱暴な言葉は使わずあくまで紳士的な話し方を意識すること。

話すスピード

一般的に、人が聞き取りやすいスピードは1分間に300文字と言われています。

アナウンサーの平均は1分間に350文字なのでそれより少し遅いくらいですね。一度自分の話すスピードを計ってみるといいでしょう。

ちなみに早口の人は、「せっかち」、「焦っている」、「落ち着きがない」と思われてしまうので気を付けましょう。

第一印象はできるだけよくしておきたいものですからね。

話す内容編

これに関してはもうトーク力を磨いていくしかありませんね。いきなり面白い話をしろと言われてできる人なんで滅多にいません。

できるという方はお笑い芸人を目指したほうがいいでしょう。

「何を話したらいいのかわからない!」という方にうってつけの記事があります。

好きな人ともっと話したい!~鍛えるべきはトーク力~

会話の縦の軸と横の軸を意識したテクニックで、雑談が苦手というあなたもこれを読めばおしゃべり大好き人間になることでしょう。

こちらの記事には、初対面の方とうまく話すための技術を詰め込んでおきましたのでぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

おわりに

いかがだったでしょうか。

第一印象を制する者が恋愛を制するという言葉の意味をお分かりいただけたでしょうか。

きっとこれを読んだあなたは今までとは違う自分で明日を迎えることになるでしょう。

最初の印象さえよければあとはどうにでもなるんです。60秒間だけ思いっきり猫を被ってやりましょう。

そうすればあなたの人生はきっと異性に囲まれる幸せなものへと変わっていくはずです。

いざ、夢の国(ハーレム)へ!