スポンサードリンク

関西で楽しめるサクランボ狩りの情報まとめ

サクランボの産地といって思い浮かぶのは、山形、山梨あたりではないでしょうか。

関東近郊にもいくつか農園があり、サクランボ狩りが楽しめます。

しかし関西ではあまり聞いたことがない…関西でも楽しめる場所はないのだろうか?

と思った方もいらっしゃいますよね。

今回は、関西でサクランボ狩りを楽しみたい!

という方に、いつの時期なら楽しめるのか、どんな品種がとれるのか、体験できる場所はどこなのかをご紹介したいと思います。

関西でサクランボ狩りが楽しめる時期

関西でサクランボ狩りが楽しめる期間は5月下旬から6月下旬となります。

東北や関東と比べると1施設の開園時期が短いのが特徴なので、行くと決まれば早めの予約をオススメします。

施設によっては、できる期間が2週間ほどという場合もあるそうです。

スポンサードリンク

関西で食べられる品種は?

スポンサードリンク

佐藤錦(さとうにしき)

さくらんぼの中でも代表的存在

名前をご存知の方も多いですよね。

この品種は果汁が多く、果肉も柔らかくて甘味と酸味のバランスが最高と言われています。 

スポンサードリンク

香夏錦(こうかにしき)

果肉は軟らかく、果汁は多め。

甘味が強くて、酸味が少ないのが特徴です。

様々な品種と比較すると、開花期・成熟期がともに早いことも特徴の1つになります。

スポンサードリンク

正光錦(せいこうにしき)

佐藤錦の孫に当たる品種です。

収穫は佐藤錦よりも一足早く収穫できます。

少し小さめですが、色つやがよく、果皮も硬いのが特徴です。

佐藤錦よりやや酸味を感じますが、甘味とのバランスは保たれており、食べやすい品種です。 

スポンサードリンク

山形美人(やまがたびじん)

表面の赤みが特徴的で、果肉は柔らかすぎず、しっかりとしています。

甘味と酸味のバランスがよく、とてもジューシーです。 

スポンサードリンク

どこでサクランボ狩りができるの?

関西それぞれの県でオススメスポットをご紹介したいと思ったのですが、調べてみるとサクランボ狩りができる場所は兵庫県、和歌山県、滋賀県、奈良県のみになるようです。(2017年3月リサーチ情報)

スポンサードリンク

兵庫県

アダチ観光農園(兵庫県朝来市和田山町野村191-1、電話:079-672-4593)

約18品種230本のサクランボの木があります。 

雨よけハウス完備なので、つゆの時期でも心置きなくサクランボ狩りを楽しむことができるんです。

但し、完全予約制なのでお出かけの際には早めの予約をお勧めします。 

和歌山県

小川農園(和歌山県那賀郡那賀町平野1322、電話:0736-75-3634)

なんと、佐藤錦を含む様々な種類のサクランボが食べ放題です。

関西地方では珍しいことですので、毎年大人気で、県外からの方も多く、すぐに予約が埋まってしまうそうです。

ご予約は早めにしておきましょう! 

滋賀県

アグリパーク竜王(滋賀県蒲生郡竜王町山之上6526、電話:0748-57-1311)

こちらではサクランボ狩りの他にも、近江牛をバーベキューで味わえる施設や、子馬やウサギなどの小動物と触れ合える施設もあり、1日遊ぶことができます。

サクランボ狩りについては毎日公式ツイッターにて当日の状況を更新していますので、お出かけの際には必ずチェックしておくことをお勧めします。

奈良県

フルーツファームタケモト(奈良県吉野郡下市町栃原2329、電話:0747-52-1817)

なんと奈良県ではこちら1軒になります。

ですので非常に人気が高いです。

また、フルーツファームタケモトには「食べる人の安全・安心」や「秘伝の栽培方法」といった、食べる人に嬉しいこだわりがあります。

完全予約制なのですが、メールや問合せフォームを利用しての予約が可能です。

スポンサードリンク

まとめ

いかがしょうか。

関西でもサクランボ狩りができるところはこのようにあるのですが、「食べ放題」のできる場所は少なく、パックに詰めて持ち帰る、という方法が主流のようです。

また、かなりスポットが絞られるため、混み合うことが予想されます。

ほとんど事前予約が必要ですので、必ず事前にチェックしておきましょう。