スポンサードリンク

恋を実らせるには自分の気持ちを認めて扉を開くこと

好きな人がいる・・・

片想いの人がいる・・・

だから相手の気持ちが知りたい。

そう言って占いを頼ってくる人がいます。

スピリチュアルの力で相手の気持ちを視る事は出来ますが、結果はあなたの気持ちと同じなのです。

気になる人がいる・・・その人の気持ちが知りたい・・・

気になる人がいると言って相手の気持ちを見てほしいと相談してくる人がいます。

しかし、気になる人の段階では、あなたの中に「恋」は芽生えていません。

なので、相手の気持ちを見ても、あなたに対して「恋」の気持ちは芽生えていない事が多いのです。

勿論、これはマインドの問題が大きく影響しているので、魂の部分で求めている感情とは違う事もあります。

気になる人の気持ちが知りたい・・・

そう思った時、何故相手の気持ちが知りたいのかを明白にして下さい。

気にしているのは何故なのか? 好きだから? 恋したから? もしかして、自分の事を避けているから?

知りたい中にいろんな感情があります。

あなたの中に知りたい気持ちが込みあがってきたとき、相手に恋する気持ちがるのかどうかを、先ずは自分自身に聞いてみて下さい。

その上でスピリチュアルを頼り、相手の気持ちを視てもらって下さい。

自分自身の気持ちがハッキリしないまま、相手の気持ちだけ覗いても、結果はあなたが望んでいる結果を得る事ができません。

また、目的がハッキリしない時、気になるからと言って相手の気持ちをスピリチュアルで視てもらっても、ハッキリとは視えない時もあります。

人には知らなくてよい事があります。

人の気持ちを視る事も、宇宙の神様からの許可がなければ視る事はできません。

ただの興味心や個人情報を探る目的でスピリチュアルを利用する人もいるので、目的がハッキリしていない人には、答えが降りて来てくれない時があります。

なので、鑑定する占い師も答えに困る時があります。

相手の気持ちを視てもらう時、先ずは自分の気持ちをハッキリと確かめて。そして、知ってその先どうしたいのかも明確にさせておくと結果も、あなたの納得する結果を得る事が出来ます。

片想いをして、その想いに振りまわされてしまう人

片想いでモヤモヤして、その気持ちに振りまわされてしまう人は、自分の気持ちを閉じ込めている人が多いです。

自分の気持ちを閉じ込めていると言うのは、言えないと言う事とは違います。

「相手に決まった人がいるから・・・」「結婚している人だから・・・」「私から告白なんかできないから・・・」等とネガティブな感情で蓋をしてしまっているのです。

スピリチュアル的に見て、ネガティブな感情はネガティブしか引き寄せません。なので、片想いをしている相手に対して「私を見て」という良く追うだけが募ってしまい、モヤモヤしたりイライラしてしまい、相手の気持ちを視てもらう為にスピリチュアルを頼ってしまうのです。

モヤモヤする気持ちそのものは、あなた自身が作り出している感情です。

先ずは自分の本当の気持ちをちゃんと認めてあげる事です。

認めてあげると言う事は、あなた自身が片想いの人の事を「好き」と言う気持ちを認める事、そしてその気持ちの扉を開く事です。

「告白できない・・・」「好きだけど近寄れない」等と言って、片想いの人へ歩み寄る事すらしない人は、自分の本当の気持ちに蓋をして壁を作っているので、いくら思い続けても相手に気持ちは届きません。

片想い・・・そもそもその想いも、あなた自身が作り出していると言えます。

あなたが心から相手の事を「好き・愛している」という気持ちがあるなら、その想いを口に出さなくともしてに届ける事はできます。

例えば、日常生活で交わす挨拶にしても、想いを抱いている人に対して声をかける挨拶と何も感情がない人へ声をかける挨拶は全くパワーが違います。

あなたの中で、自分の気持ちを素直に認めて扉を開けば、そこからエネルギーがあふれ出してきますので、自然と片想いも人へ届いてゆくのです。

だから相手も、今まで何も気づかなかったけど、なんとなく気にし始めて、あなたへの想いが育ってくるのです。

片想いに振り回されてしまい、スピリチュアルを頼ってくる人は、いつも自分の中でいろんな言い訳をして壁を作っています。

想いを寄せる人が運命でつながっている人とは限りませんし、よくドラマなどで「ビビッときた」「一目見て恋をした」と言う奇跡的な出会いなどがありますが。それを期待していつ人も少なくありません。

しかし、人はマインドで生きているものです。

魂の声を聞いて生きている人は皆無に等しいのです。

言葉にして行動に移さないと、想いは伝わらないのです。

告白できないなら、先ずは自分の気持ちを素直に認めて扉を開く事。

そこから想いが溢れ出て相手に届いてゆくのです。

何もしなければ想いは届きませんし、スピリチュアルの力で届けてもらっても、あなたが行動をしなければ、相手も変わらないのです。

スピリチュアルの力は、あなたの背中を押してくれるだけです。その後はあなた自身が行動し、どれだけ歩きだすことができるかで未来が変わる事を忘れないで下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

片想い・・・気になる人・・・

それぞれ想いはありますが、先ずは自分自身の気持ちをハッキリ知って下さい。

気になるからと言って、その気持ちが恋する気持ちとは限りません。

片想いをしていて、相手に特定な人がいても、結婚していても、その気持ちを抑える必要はありません。

好きな人は好き!と、認めていいのです。

押さえる必要はありません。

恋をして人を愛する事に制限はありません。

無理に押えて制限するからモヤモヤしてしまうのです。

認めて素直になる事でモヤモヤはなくなります。

もう、片想いで悩む必要はありません。

恋する気持、人を愛する気持ちはいつも全開にして下さいね。

スポンサードリンク

ライター

セラピスト・ライター

法律事務所事務員7年・介護職10年の経験を得て、介護を中心とした相談業務をしながらオラクルカードに出会い自身のスピリチュアル能力に目覚める。
その後、鑑定師として電話占いや個人でセッションの経験を積み重ねる。

その中で得意とする分を書く天職を生かして執筆活動を始める。