恋愛 女性

男性が好意のある女性にしてしまう無意識な行動

2018/03/10

はじめに

はいこんにちわ、ライターのmasaです。

なぜこのタイミングで突然名乗ったのか、それは今後の記事で紹介します。

早速ですがサムネイル画像の吹き出しにコメントを入れてください。一番面白かった方には私からの素敵なプレゼントがあります。

さて、そんなことより本題に移りますが、男って単純そうに見えて単純ではないと前に記事で話しました。

しかし、単純なところもあるんです。

それは、、、無意識下の行動!!

ちょっと大げさすぎましたね、別に当たりまえのことを叫んだまでです。

そもそも無意識でしてしまう行動というのは誰もコントロールできません。

もしできるといった方がいたらご連絡ください。それは無意識ではないという私からの伝言メッセージがありますので。

この無意識下の行動をうまく見逃さなければ、あなたに好意を抱く男性を手玉に取ってあんなことやこんなことができちゃいます。

小悪魔女子になってみたくありませんか?

男性を自分の思い通りに動かしてみたいという妄想を一度はあなたもしたことがあるはずです。

そんな夢(妄想)を叶えるために注目すべきポイントがいくつかあります。

今日は特別にそれらの情報を無料でお教えし魔性、おっと失礼間違えました。無料で魔性の女になる方法を伝授します。

これであなたも明日からは女王様間違いなしです。

あなたって、いつも瞳孔開いてるのね

今までこういった方いませんでしたか?もちろん生きている方でですが。

実は人間というのは、好意がある人を見ているときは瞳孔が開き気味になってしまうのです。

その前に瞳孔ってどーこー?という方のために図で説明します。

(◎)(◎)

上の図の二重丸の内側の丸の部分です。

え?わかりづらいですか?そういった方は以下の画像をご覧ください。

CDR0000543553

引用元 http://cancerinfo.tri-kobe.org/pdq/summary/japanese.jsp?Pdq_ID=CDR0000258015

 

こちらが瞳孔です。

ここが開き気味の方がいたら、それは生命活動が低下している方か、あなたに好意を抱いている方のどちらかです。

恋愛テクニック本によく載っている、「薄暗いところでデートしろ!」というテクニックはこれを利用したものです。

明るいところから暗いところに行くと、自然と瞳孔は開き気味になります。

それを脳が好きだから瞳孔が開いているんだと勘違いして、「私、この人のことが好きなのかも♡」と思い込んでしまうわけですね。

2007092902

引用元 http://fmodex.blog54.fc2.com/blog-date-200709.html

こちらに面白い比較画像があります。さて、魅力的なのはどちらでしょう。

右ですよね。きっと右でしょう。

ちょっと瞳孔が開いているだけでこれだけの差があります。

相手の瞳孔を調べるだけでなく、自分の瞳孔も意識しましょう。

好きな人の前ではできるだけ瞳孔を広げて自分が魅力的だというのをアピールするときにも使えますね。

まぁ意識的に瞳孔を開いたり閉じたりできる人は超人ですけどね、中国4000年の歴史をしても難しいでしょう。

意外と人間の身体ってこういったバグがよく起こります。

有名な「つり橋効果」も似たようなもんです。

あれも、つり橋や高いところに連れて行ってドキドキさせ、それを「私、この人といるとドキドキしちゃう。あれ?今までなんとも思わなかったけど、なんかもう好きかも♡」といったように脳の勘違いを誘発し、相手に思い込ませるテクニックです。

ただ、これらのテクニックを使ったところでその効果が切れてしまえばなんともありません。

非常に短い恋で終わることでしょう。

結局は一時的に相手の脳と気持ちをだましているのと変わりませんからね。

大切なのは長続きさせるための努力をすること。これを怠ったらどんなカップルでも世紀末です。

この人いつも距離が近いけど、近眼なのかな?

e0e3d678ec95aa0df3a0dbeece39af84_s

たまーにいると思います、普通の人より距離が近めの人

あまり仲良くない人だとただうざいですよね。

「もっと離れてくれ顔が近い。」っていう感じの人。

私も苦手です。そこまで近づかなくても別に大丈夫だろって思います。

なぜそんな行動をとるのか、距離が近い理由は近眼ではありません。

その距離があなたと相手との心の距離です。

人にはぞれぞれパーソナルスペースというものがあります。

要は「なわばり」のようなもので、そのスペースの中に入られると何かしらのストレスを感じるというものです。

しかし、好きな人や恋人などにはストレスを感じないものです。むしろ「もっと近くに来てくれ、もっともっと!」って感じですよね。

これが相手方にも言えるんです。

距離が近いということは、それだけ心を許しているか、そういう関係になりたいと思っているかのどっちかなんです。

あ、ちなみに同性に関してはこの限りではありません、あしからず。

相手から近くに寄って来るというのは、もうすでに心の中を見せてしまっているような状態なんです。

スポンサードリンク

距離が近い男性というのはそれだけあなたに好意がある。

つまりもっと親密な関係になりたいと思っている証拠の行動なんですね。

なので、「生理的に無理」、「なんか近づかれると嫌悪感が湧く」という方以外は、優しくしてあげましょう。

それだけでもうゲットしたも同然です。ポケモンゲットだぜ!

ただ注意してほしいのは、パーソナルスペースは人それぞれ違うということです。

社交的な人は狭く、内向的な人は広くなっています。

あまり近づかれないからと言って落ち込まれないように。

あなたの周りの男性がみんな内向的な可能性があります。ポジティブに生きましょう!

ちなみに男女ではパーソナルスペースの形が違います。

男性は前後に広がる楕円型、女性は男性より狭い円形となっていますので、異性に近づく際はこれも意識してみてください。

このため正面から結構な近距離まで近づいてきた男性は、あなたに少なからず好意があると考えていいです。

なんの考えもなしに自分からストレスの発生する場所に飛び込むなどドMか、松○修造並みの熱い人くらいでしょう。

相手が自分との距離をどれほど取っているか、明日から少し意識してみるのが女王様への第一歩です。

なんかめっちゃ自慢してくるんですけど、ナルシストなのかな?

ナルシストではありません。男性の必死の魅力的な自分アピールなんです。

まぁなかには本物のナルシストの方もいるでしょうが、男性というのは好きな女性と話していると何かと自慢してしまうものなんです。

「自分はこれだけのことができるんだ、こんなに男として優秀なオレどうかな?」って感じの意識で自慢してます。

要は「自分」という商品を売り込むために精一杯の営業セールスをかけているんです。

これに関連して「オレ実は昔はワルだったんだぜ。」と言って来る人もなかなかいると思います。

これには二つの理由があります。

それは「ちょっと悪い方が女の子にモテる」という学生の時の経験からいまだにそう信じてしまっている人が多いんです。

もう一つは「物怖じしない強い男アピール」

これは本能というかDNAがそうさせるんでしょうか。

まだ野生時代から抜け出せていない部分が少なからず男にはあると思うので、「種としての強さ」をアピールしています。

この二つの理由のどちらかで「昔はワルだったアピール」をしてきます。

ということで、特に聞いてないのに突然自慢し始めたり、求めてないのに「昔はワルだったアピール」をしてくる男性はあなたに好意があるとみて間違いないでしょう。

そのうえでの行動です。

おわりに

いかがだったでしょうか。

男性って無意識下の行動はすごくわかりやすいんですねー。

もうなんか同じ男性として見ててこっぱずかしくなるくらいにあからさまな人もいます。

本人は全く気付いてないんですけどね。

そこがまた厄介なところでいくら言っても直らないんですよ。

今回の記事の結論は、無意識って怖い。

これに尽きますね。ただ女王様になりたい女性にとっては朗報だったんじゃないでしょうか。

「これで私も明日から女王様になれるわ!ほーほっほっほ!」と画面の向こうで高笑いしている姿が容易に想像できます。

頑張ってください。妄想は歩いてきません。自分からつかみ取りに行くのです。

自分のパラダイスを築いていきましょう。それでは今日はこの辺で。

BYE BYE

スポンサードリンク

-恋愛, 女性