ダイエット 雑学・豆知識

短期間でダイエットを成功させる方法

痩せたい!そう思ったらすぐにでも痩せたいと思いますよね。

でも、増えてしまった体重・脂肪・ぜい肉はなかなか落ちてくれません。

そうなると周り全てが痩せて見えて「なんで私だけ太っているの?」と自分が嫌になります。

短期間で痩せたい!

そんなあなたにとっておきの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

夜型生活を朝方生活に変えるだけでも痩せれる

食生活を見直してみて下さい。

まず、朝ご飯はきちんと食べていますか?

夕飯は何時までにすませていますか?

太る原因は夜中の間食や夜食が一番の原因です。

夜型生活になると、脂肪がつきやすい時間帯に食べる事になるので、痩せる事はなく太る一方なのです。

夕飯は19時までに済ませる

夕飯は19時までに、それ以降は食べない。

仕事の関係でどうしても19時を過ぎてしまう人もいるかもしれませんが、これはあくまでも目安です。

自分の中で夜は何時以降は食べない!と決める事が大切です。

今まで夜食を食べていた人が食べなくなるとストレスが溜まったり、お腹がすいてふらふらになる事もあります。

もし、お腹がすいたら「脂肪が燃焼されている」とイメージをして下さい。

この空腹に負けて胃の中にカロリーのあるものを入れてしまうと、エネルギーに変える作業に切り替わります。

空腹から気をそらして別の事に集中してゆきましょう。

夕食を食べないくらいで不摂生になったりしません。

日本人は昔、江戸時代までは1日2食だったのです。

つまり、私たちのご先祖様は1日2食で夜はぐっすり寝て朝から活発に活動できる遺伝子を持っていたので大丈夫なのです。

19時以降に空腹に耐えられなくなったら・・・。

どうしてもお腹が空いてしまって食べ物の誘惑に負けそうなときは・・・。

体重計に乗る。

食べたいのを我慢できなくなったら体重計に乗って自分の体重を認識して下さい。

想定より重い体重を見れば「食べてはダメ」と思えます。

減っているのを見れば「成果が出ている」と思えてもっと頑張ろうと思えます。

夕食を我慢する事で、1日300gずつ体重が減ります。

なので、毎日の積み重ねで、体重をみながら「もう少し頑張ろう」と思えてきます。

体調の変化や運動、着ている物などで体重は増えたりもします。

ですが、夕飯を我慢しているのに減らないと不安にならないで下さい。

体重は毎日変動します。なので継続する事を忘れないで下さい。

スポンサードリンク

我慢対策で水分を摂取する

お腹が空いて体重計に乗っても我慢できない時はお水を飲んで下さい。

基本はお茶かお水です。

ジュースなどはカロリーがあるのでやめましょう。

ただし空腹をいっぺんに補おうと飲みすぎないようにして下さい。

飲みすぎてしまうとトイレで何度も起こされてしまいますので控えめの量にします。

お水やお茶でも耐えられない時は、生姜湯など暖かいものを飲んでほっとしましょう。

夕飯を抜いている時は身体が冷えやすいので、できるだけ暖かい飲み物を飲む事をおすすめします。

食事内容にも気を付ける

基本は旅館などに出てくる食事が好ましいです。

食事内容は、和食で食物繊維やミネラルがたっぷり入った和食の品目を選んで下さい。

旅館などで、朝食に出てくる、わかめの沢山入った味噌汁や、ひじきや海苔などのイメージです。

大盛りご飯やお変わりは止める

大盛りご飯やお変わりは食べ過ぎの原因になるので止めましょう。

ゆっくりかんで食べる事が必要です。

小麦は食べないようにする。

ラーメンやパンなど、小麦粉でできた主食は体がむくむ原因になり、便秘になりがちなのでできるだけ避けましょう。

ご飯の量もこれまでの半分が良いです。

カロリーを気にしないで食べるタイミングを気にする

お米は雑穀米にする

ご飯をできるだけ雑穀米にしてみる。

雑穀米のほうが、不足がちな栄養素が多く含まれているので、身体が軽くなり活発的に動けるようになります。

雑穀米だからと言って食べ過ぎない様に、おかずの量を増やすようにします。

排泄に気を付けてタイミングを大切にする

排泄のサイクルは午前です。

午前中は人にとって、もともと排泄をするサイクルになっています。

朝ご飯が排泄を促すものにすると、お昼過ぎまでに沢山の量の排泄が出ます。

排泄を促す食事はフレッシュジュースがおすすめです。

ペットボトル1本分を朝から飲むと、生きた酵素の力を発揮するので効果的です。

小から大まだ午前中に何度もいくので、トイレに行けない状況の人は避けた方が用です。

まとめ

短期間に痩せるダイエットは食事内容と食事の時間がとても重要です。

  • 夕食は19時までにすませる。
  • 食事内容は旅館などの食事、和食を中心とする。
  • 排泄をきちんと促す。
  • 大盛りやおかわりはしない。
  • 食べたい高カロリー食品は、朝やお昼に食べる。
  • ストレスをためない。

このサイクルを守って続ける事で1ヶ月で5キロ~7キロ痩せる事が出来ます。

個人差があるので、全ての人がここまで痩せるとは限りませんが、痩せる体質へと変化してゆくのは確実です。

ダイエットもストレスを溜めないで楽しんでダイエットして下さい。

この短期間ダイエットをしていると、今まで食べ過ぎていたものが分かるようになってきます。

身体も健康体へと変化して行きますので、是非、試してみて下さいね。

スポンサードリンク

-ダイエット, 雑学・豆知識